成蹊大學

繼承傳統的小班制教育體制,培養“能夠自發探索課題,並進行解決和為社會作出貢獻”的人才。
成蹊大學以1912年創立的成蹊實務學校為源泉,一直重視傳統的可以同教職員工近距離接觸的小班制教育。具有以研討課為中心的課程和可獲得文理跨界廣闊範圍的“一校園制”教育特長。

校區地址

キャンパス
東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1

招生院系

經營學部
綜合經營學科(暫稱)(新設)
学習内容
総合マネジメント能力を育成するために、総合科学としての経営学を探究していきます。
課程等特色
企業や企業の経営活動に関する諸問題を柔軟かつ適応的に解決できる実践的な総合マネジメント能力を修得した、職業人を養成します。
また、総合科学としての経営学を探求し、その研究成果を的確かつ明瞭に発信することで社会に貢献することを目的とします。
このため、経営学の基礎的な概念と理論及び経営学の各専門分野を理解していることに加え、人文科学、社会科学、 自然科学及びこれにまたがる幅広い視野で思考・判断できる能力を磨き、国際文化や情報コミュニケーション技術に関する知識を深めます。
上記內容僅處於構思階段,以後可能會有包括學科名稱變化的相關變更。
經濟學部
經濟數理學科(暫稱)(新設)
学習内容
経済分析のスペシャリストを育成するために、数理モデル分析やデータ解析を中心とした〈世界標準〉の経済学を学びます。
課程等特色
経済学理論の基礎の下で数理モデルの分析によって経済現象を解明する能力、および統計学の基礎の下で経済データを集計し活用する情報処理の能力を習得できます。加えて、経済学の数理的な理論研究・実証研究を行い、その成果を世界に発信することを通じ、社会に貢献することを教育研究上の目的とします。
上記內容僅處於構思階段,以後可能會有包括學科名稱變化的相關變更。
經濟學部
現代經濟學科(暫稱)(新設)
学習内容
現代社会で求められる課題解決力を養成するために、多元的視座から経済学を学び、フィールドワークやケーススタディを通じて実践していきます。
課程等特色
持続可能性を追求する2つのプログラムを通して、自らの拠って立つ地域社会の抱える問題を見通す視座と国内外を比較・分析するグローバルな視座の双方から、複雑多岐にわたる社会問題を経済学的に的確に分析し、問題解決に迫る方法を導く能力を習得できます。加えて、経済学の数理的な理論研究・実証研究を行い、その成果を世界に発信することを通じ、社会に貢献することを教育研究上の目的とします。
上記內容僅處於構思階段,以後可能會有包括學科名稱變化的相關變更。
法學部
法律學科
学習内容
深い専門知識と広い視野を身につけ、法的思考で社会に貢献する
現代社会において法律は、個人の生活をはじめとして、経済や行政、国際社会にまで深くかかわっています。法律学とは、現実に起きている諸問題を合理的な思考によって解決していく実践の学問です。法律学の修得には、条文や判例の学習だけでなく、的確な解決を導き出す柔軟な思考力と豊かな感受性が必要です。
課程等特色
・1年次より、少人数制のゼミで「議論する力」を身に付けていきます。
・学科の枠を越え、法律学・政治学の2つの視点から立体的に学ぶ科目履修が可能です。
・高度な知識を要する資格試験・法科大学院進学や公務員志望者のためにエキスパート科目としてLE(Legal Expert)選抜コースを設置しています。
・世界の政治をより深く知るためのエキスパート科目としてPSE(Political Science Expert)科目を設置しています。
法學部
政治學科
学習内容
国際的な視野と発想力を養い、問題解決の糸口をつかむ
政治とは、ともに社会をつくる人々が抱える問題に対処するために集団として意思決定し、その決定を実行することです。政治学科では、この営みを立体的に理解するために、各国・各地域の政治、国際関係の歴史的展開・現状を学ぶだけでなく、その背後にある権力・自由・平等などをめぐる考え方(政治思想)をも学びます。
課程等特色
・1年次より、少人数制のゼミで「議論する力」を身に付けていきます。
・学科の枠を越え、法律学・政治学の2つの視点から立体的に学ぶ科目履修が可能です。
・高度な知識を要する資格試験・法科大学院進学や公務員志望者のためにエキスパート科目としてLE(Legal Expert)選抜コースを設置しています。
・世界の政治をより深く知るためのエキスパート科目としてPSE(Political Science Expert) 科目を設置しています
文學部
英語英文學科 ※1
学習内容
英語を窓にして人間への興味を高め国際感覚を養成
英語英米文学科※1では、世界に通用する実践的な英語力を身につけることを目指します。それは、「話す、聞く、読む、書く」といった技能にとどまらず、英語圏の文化とその歴史的背景を学ぶことにより、ものの考え方や人間に対する深い興味と観察力をもつことにまでおよびます。。
課程等特色
柔軟な知性で本質を見抜く自立的人間、国際教養人を養成
文学部は学科の枠を越えた科目履修も可能です。自由な科目選択によって、専門分野にとどまらない多様なアプローチでの学際的探究が可能になり、多角的な視点と広い視野を獲得できます。多様な価値観が共存し、対立する現代社会に生きる人間を柔軟な知性でとらえ、物事の本質を見抜く批判力が養えます。また、英語力の強化による国際化、基礎的なICT能力の向上を目指す情報化のカリキュラムが充実しているのも大きな特色です。「時代と社会の変化に柔軟に対応できる自立的人間、国際教養人」の養成を目指しています。
文學部
日本文學科
学習内容
日本文学、日本語、日本文化を深く知ることで「世界の中の日本」を発見 日本文学や日本語を深く考察し、それらを体系的に理解することがこの学科の目標です。国内にのみ目を向けた、“内向きの学問”と考えられがちですが、決してそうではありません。むしろ日本文化の本質を深く知ることで、外の世界に向けても正しく日本の姿を伝えることが可能になるのです。
課程等特色
柔軟な知性で本質を見抜く自立的人間、国際教養人を養成
文学部は学科の枠を越えた科目履修も可能です。自由な科目選択によって、専門分野にとどまらない多様なアプローチでの学際的探究が可能になり、多角的な視点と広い視野を獲得できます。多様な価値観が共存し、対立する現代社会に生きる人間を柔軟な知性でとらえ、物事の本質を見抜く批判力が養えます。また、英語力の強化による国際化、基礎的なICT能力の向上を目指す情報化のカリキュラムが充実しているのも大きな特色です。「時代と社会の変化に柔軟に対応できる自立的人間、国際教養人」の養成を目指しています。
文學部
國際文化學科
学習内容
人間の多様性を知り国際社会で活躍する人材を育成
国際文化学科は、「国際関係研究」「文化人類学」「地域文化・歴史」という3つの科目群を柱とするカリキュラムを提供しています。その目指すところは「学際」という言葉に象徴されます。これまで学問という名によって恣意的に切り分けられてきた人や社会、文化、世界に関する「知」を統合的に再編することを目標としているのです。
課程等特色
柔軟な知性で本質を見抜く自立的人間、国際教養人を養成
文学部は学科の枠を越えた科目履修も可能です。自由な科目選択によって、専門分野にとどまらない多様なアプローチでの学際的探究が可能になり、多角的な視点と広い視野を獲得できます。多様な価値観が共存し、対立する現代社会に生きる人間を柔軟な知性でとらえ、物事の本質を見抜く批判力が養えます。また、英語力の強化による国際化、基礎的なICT能力の向上を目指す情報化のカリキュラムが充実しているのも大きな特色です。「時代と社会の変化に柔軟に対応できる自立的人間、国際教養人」の養成を目指しています。
文學部
現代社會學科
学習内容
社会学とメディア研究の視点から問題解決能力を養成
現代社会学科は、現代社会に「社会学」と「メディア研究」の2つの軸からアプローチします。「社会学」では、家族、社会心理、ジェンダー、福祉など、現代社会の様々な側面について、現状、歴史、課題を分析します。「メディア研究」では、雑誌、テレビ、広告、インターネットといったさメディアや、コミュニケーションについて分析。またアクティブ・ラーニングを通して、現代社会への理解をより深めていきます。
課程等特色
柔軟な知性で本質を見抜く自立的人間、国際教養人を養成
文学部は学科の枠を越えた科目履修も可能です。自由な科目選択によって、専門分野にとどまらない多様なアプローチでの学際的探究が可能になり、多角的な視点と広い視野を獲得できます。多様な価値観が共存し、対立する現代社会に生きる人間を柔軟な知性でとらえ、物事の本質を見抜く批判力が養えます。また、英語力の強化による国際化、基礎的なICT能力の向上を目指す情報化のカリキュラムが充実しているのも大きな特色です。「時代と社会の変化に柔軟に対応できる自立的人間、国際教養人」の養成を目指しています。
理工學部
物質生命理工學科
学習内容
広い視野と基礎力をベースに革新的科学技術の創造に挑む
革新的科学技術の創造を目指す「物質生命理工学科」は、確かな基礎学力をベースに、いまだ人類が明確な解答を出せずにいる未知の領域に挑戦します。基礎はもちろん、基礎と専門の架け橋となる学際領域を幅広く学び、豊富な実験や演習とともに、科学技術に対する多元的・俯瞰的な視点や柔軟性のある科学的・工学的センスを磨きます。
課程等特色
選択肢が豊富なカリキュラムで社会貢献できる「科学的人材」を育成
理工学部のカリキュラムは、どんな状況にも応用が利く力を養うため、科学技術の基礎となる理学科目を強化しています。また、実験・演習などの体験型学習、卒業後の将来を展望する力を養うインターンシップなどのキャリア教育科目も充実し、社会への意識や実践力を育てます。さらに学際分野の科目を数多く配置し、現代的なテーマが設定された人文科学、社会科学が自由に選択できる成蹊教養カリキュラムなど、興味や進路に応じた選択肢が豊富です。学生の意欲を引き出し、広い視野と総合的な判断能力を養い、社会貢献できる科学的人材の育成を目指したカリキュラムです。
理工學部
情報科學科
学習内容
I T 技術の本質を理解し活用できる人材の養成
情報科学のあらゆる分野、ソフト・ハード・システム・数理を網羅する「情報科学科」は、コンピュータの原理からその応用まであらゆる領域の学びを通じて総合的な知識と技術の獲得を目指します。きめ細かいプログラミング演習や実験による高度なコンピュータ操作能力はもちろん、統計学など数学教員としての能力を高める分野も学ぶことができます。
課程等特色
選択肢が豊富なカリキュラムで社会貢献できる「科学的人材」を育成
理工学部のカリキュラムは、どんな状況にも応用が利く力を養うため、科学技術の基礎となる理学科目を強化しています。また、実験・演習などの体験型学習、卒業後の将来を展望する力を養うインターンシップなどのキャリア教育科目も充実し、社会への意識や実践力を育てます。さらに学際分野の科目を数多く配置し、現代的なテーマが設定された人文科学、社会科学が自由に選択できる成蹊教養カリキュラムなど、興味や進路に応じた選択肢が豊富です。学生の意欲を引き出し、広い視野と総合的な判断能力を養い、社会貢献できる科学的人材の育成を目指したカリキュラムです。
理工學部
系統設計學科
学習内容
解がひとつでない実社会の問題を解決する能力を養成
産業を支える基盤技術に貢献する「システムデザイン学科」は、工学的手法に基づく高い問題解決能力を持った人材を養成します。3年次に機械システム・エレクトロニクス・ロボティクス・経営システムに関する4コースのうち2コースに所属する「マルチコース制」で複合的専門知識を身につけます。また、「プロジェクト型科目」で実際に製品の企画、設計製作、性能評価を通して理論を実践します。
課程等特色
選択肢が豊富なカリキュラムで社会貢献できる「科学的人材」を育成
理工学部のカリキュラムは、どんな状況にも応用が利く力を養うため、科学技術の基礎となる理学科目を強化しています。また、実験・演習などの体験型学習、卒業後の将来を展望する力を養うインターンシップなどのキャリア教育科目も充実し、社会への意識や実践力を育てます。さらに学際分野の科目を数多く配置し、現代的なテーマが設定された人文科学、社会科学が自由に選択できる成蹊教養カリキュラムなど、興味や進路に応じた選択肢が豊富です。学生の意欲を引き出し、広い視野と総合的な判断能力を養い、社会貢献できる科学的人材の育成を目指したカリキュラムです。